い出の化石(6)

想い出の化石(1)へ

想い出の化石(2)へ

想い出の化石(3)へ

想い出の化石(4)へ

想い出の化石(5)へ

週に一度 想い出の化石として標本展示室に
あげていない標本を紹介していきます。


  インデックスへ戻る

0254 掲 載 日 2017年8月17日
標 本 名  Tetorimya carinata Hayami
産  地  岐阜県高山市荘川町野々俣 御手洗(みたらい)
時代 地層  中生代  前期白亜紀  ベリアシアン階    手取層群 九頭竜亜層群 御手洗層
標本写真

コメント 1977(昭和52)年7月31日 採集    ウミタケガイモドキ目ウミタケガイモドキ科

 実に40年も前の採集品です。高校地学部の顧問をされていた恩師と2人での採集旅行(巡検)。
岐阜県内の産地 瑞浪・福地・荘川村・赤坂と二泊三日で見学させていただいた。
特に大野郡荘川村(現在は高山市荘川町)での見学地は興味深いものがあった。御母衣湖の湖岸の牛丸の汽水域のCorbicla sp.、また、御手洗の海棲のModiolus sp.やアンモナイト類など堆積環境と産出化石の違いを実感させられたフィールドであった。
この当時 御手洗層はジュラ紀後期とされていたが 佐藤ほかの産出するアンモナイト類の再検討で、前期白亜紀ベリアシアン階とされ時代は1000万年近く若返った。
備 考 引用・参考資料

佐藤正、蜂矢喜一郎、水野吉昭(2003) 岐阜県荘川村の手取層群から産出したジュラ紀末期−白亜紀初期アンモナイト
瑞浪市化石博物館研究報告、No.30: 151-167




0253 掲 載 日 2017年8月10日
標 本 名  Thalassina tsuyamensis Ando & Kishimoto
産  地  岡山県津山市高尾 皿川河床
時代 地層  新生代第三紀  中新世中期 勝田層群 吉野層
標本写真
  

剖出作業前          剖出後 背面観           剖出後 腹面観
コメント 2017(平成29)年7月27日 採集   オキナワアナジャコ属  タラシナ・ツヤメンシス

先日、ほぼ3年ぶりにThalassina tsuyamensis Ando & Kishimoto が採取でき、早速、クリーニングに挑戦。
尾節はかろうじて残されていたが、採集時に他の腹部の体節は現場の水中で粉々になり回収は不可能となり、石粉粘土で修復をしてみたが、色付けはやはり難しい。
備 考 参考資料
 岸本眞五 (2015)  岡山県津山市の勝田層群から化石十脚類 オキナワアジャコ属の産出
               兵庫県立人と自然の博物館 共生のひろば 10号 8-13
 Ando & Kishimoto & Kawano (2016) Two new species of Thalassina (Decapoda, Thalassinidae) from the Miocene of Japan
     Neues Jahrbuch fur Geologie und Palaontologie - Abhandlungen, Volume 280, Number 1, April 2016, pp. 107-117(11)




0252 掲 載 日 2017年8月3日
標 本 名  Kotorapecten egregius (Itoigawa)
産  地  岐阜県瑞浪市松ヶ瀬町 土岐川河岸 
            瑞浪市化石博物館指定野外学習地
時代 地層  新生代第三紀  中新世前期 瑞浪層群 明世層(累層) 山野内層
標本写真

コメント 2016(平成28)年5月31日採集    エグレギウスホタテ
 
 瑞浪市土岐川の野外学習地は、誰でもが化石を実際に露頭から採集することが体験できる場所として、博物館で管理された河川敷の化石産地として知られている。、浅海域の堆積物からなりFelaniella usta (ウソシジミ)等を多産している。
 2008年には同博物館ボランティアスタッフの楓達也氏によって哺乳動物の下顎(したあご)と思える化石がこの野外学習地で発見され、国立科学博物館の冨田幸光先生の研究で、骨や歯の形からナキウサギの仲間であることが分かり、この化石についての報告が、学術論文として2012年発行の日本古生物学会欧文誌「Paleontological Research (パレオントロジカル・リサーチ)」に掲載された。
備 考 引用・参考資料
 瑞浪市化石博物館(2016) 執筆・編集 安藤祐介  みずなみ 化石&博物館ガイド
 TOMIDA (2012)  New Species of Alloptox (Lagomorpha, Ochotonidae), First Record of the Genus in Japan, and Subgeneric Distinction   Paleontological Research Vol.16, no.1, pp.19-25

想い出の化石(1)へ

想い出の化石(2)へ

想い出の化石(3)へ

想い出の化石(4)へ

想い出の化石(5)へ

週に一度 想い出の化石として標本展示室に
あげていない標本を紹介していきます。


  インデックスへ戻る
inserted by FC2 system