SK.coll-0391


学 名 Striarca uetsukiensis (HATAI et NISIYAMA)
産出地層 勝田層群 吉野層
時 代 新生代新第三紀中新世
産 地 TA.8
コメント


フネガイ科
殻表には数多くの放射肋があり成長に伴って肋間肋が生じさらに数が増える、成長輪肋と交わって布目状になる。
殻頂はほぼ中央で巻き込む、殻のふくらみは成長と共に大きくなる。
靭帯面は真直で前・後の歯は一つとなって櫛歯状である。


      

inserted by FC2 system