SK.coll-0313


学 名 Turbo ozawai OTUKA
産出地層 勝田層群 吉野層
時 代 新生代新第三紀中新世
産 地 TA.38
コメント









リュウテン科
蓋、外形は亜円形、一面が大きく膨らんだレンズ状、内面は平らで、ゆるく巻きこむ螺状縫合があり、外面は凸でふくれ顆粒を具える。
内面の巻き込み方、大きさから見て、OTUKAのいう Lunella ではなくTarbo sp. の蓋である。前種と共存し、大きさから見ても同一種と考えられる。一方能登半島の東印内層より、T. osawai (蓋)と共産する殻化石が産し
MASUDA(1966)により T. ozawai の殻と同定された。この殻は、瑞浪及び岡山において産出するT. osawai (蓋)と共存する T.(M.) minoensis と異なる、この問題は今後検討を必要とする


      

inserted by FC2 system